movie

#1『ハッシュパピー バスタブ島の少女』

©2012 Cinereach Productions, LLC. All rights reserved.
©2012 Cinereach Productions, LLC. All rights reserved.

 まるで勇敢な戦士のような6歳の少女ハッシュパピー。父親と2人で小さなバスタブ島に暮らしている。地球温暖化によっていつかは海に沈んでしまう島。貧しいけれど、皆が笑顔で暮らす島。しかし、ある日襲った洪水で島はメチャクチャに破壊されてしまう。何とか生き残ったハッシュパピーと仲間たちは舟を浮かべて共同生活をはじめるのだが、彼女たちの存在を知った政府によって収容所へと強制連行されてしまう。そして、父親の命が残り少ないことが分かって…。

 ファンタジックな映像でおとぎ話のようなテイストを貫きつつ、自然破壊や貧困、家族の絆など、扱っているテーマは実に現代的で現実的。ハッシュパピーは「遥か昔に氷河に閉じ込められた巨大動物オーロックスが生き返ってバスタブ島を襲ってくる」という神話を信じる一方で、「自然界は繊細な仕組みを保ちながら成り立っている。そして宇宙にあるもの全てがうまく収まっている」ことを知っている。まるで世界の果てに忘れ去られたかのようなバスタブ島も、実は文明社会のすぐ隣に存在するのだ。

 非現実を纏うことで、より現実の厳しさを浮き彫りにする世界観は各国で高く評価され、サンダンス国際映画祭グランプリ、カンヌ国際映画祭カメラドール、そしてアカデミー賞では主要4部門ノミネートなど今年一番のシンデレラムービーと評されている。

 何より魅力的なのはハッシュパピーのキャラクター!キュートかつワイルドな風貌と恐ろしいほどの目ヂカラでのっけから観客の心を鷲づかみにするが、物語が進むにつれ、彼女はどんどん強くなりさらに野生化してゆく。食べるものがなければ川魚を素手で採って食べるし、生態系を破壊するような文明にはハッキリとNOを突きつける。そして本当に大切な人を守るためには、欲してやまなかった母の愛情でさえも捨てる勇気と優しさを持っているのだ。大地にしっかりと足音を響かせ胸を張って歩くそのタフな姿に、思わず自分の弱さを省みたりして。

 私たちは闘ってる?平気で食べ物を捨てるこの飽食の時代。その食べ物だって、どこでどうやって加工されたのか分からず口にするのが怖いこともある。何より怖いのは周囲への無関心。次の世代にちゃんとこの世界を受け継ぐために、変えなきゃいけないことがある。6歳の少女が教えてくれるのは、必要なことをシンプルに見極める目と一歩踏み出す勇気が大切だということだ。胸を張って歩き続けるために。

 

NTM 

(文・河村由美)

監督・共同脚本・作曲:ベン・ザイトリン

出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス ドゥワイト・ヘンリー 他

配給:ファントム・フィルム

(2012年/アメリカ/ビスタ/93分)

 

2013/04/20

movie

#2『17歳のエンディングノート』

© 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.
© 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

 エンディングノートは私も2年ほど前に書いてみたことがある。

 ちょうど世間でその存在がクローズアップされ、興味を持った時期だ。たしか、自分が死んでしまったら誰に連絡して葬儀はどうするだとか、預金通帳や印鑑の保管場所だとか、もしもの時に周囲の人間が困らないように“これまでの人生の記録”を書き出した覚えがある。それはそれで現在の状況を整理できて有意義だったが、正直まだ死を身近に感じていない私にとってはピンとこなかった。

 今作でいうエンディングノートは少し意味が違う。

 主人公テッサが書き綴ったのは“これからの人生でやりたいこと”、いわゆるToDoリストだ。17歳のテッサは、白血病で長くは生きられない。13歳で病気が発覚してからというものひきこもり生活をしていたのだが、いよいよ死期が迫ったことを知り、残りの人生をポジティブに生きようと決意する。

 リストにはどんなことが書かれていたか?

「お酒を飲む」、「一人暮らし」、「セックス」、「グラストンベリー・フェスへ行く」・・・。

 17歳のリアルな欲求、病気じゃなくたって誰もが青春時代に憧れたことが挙げられていて、なんとも可愛らしい。

 そしてテッサはやみくもにリストをクリアしようとするのだが、そうこうしているうちに運命の恋人に出会ってしまう。生涯ただ一度の恋。しかも必ず悲しい別れが待っていると分かっている恋。この恋がテッサと恋人のアダムを大人にし、それまではただ過保護にするだけだった父や母をも変えてゆく。

 非情な現実に戸惑いながらも、必死で包容力のある大人の男になろうとするアダムがまた、健気なんだなぁ。そして何よりテッサ自身が生きることの素晴らしさを実感し、人生が輝き出してゆく様には激しく心揺さぶられる。

 テッサはある意味、社会的弱者といえるだろう。いつ倒れるかも分からない、自分ひとりで自立して生きることなどできない少女だ。しかしそんな彼女を、腫れ物に触るようでもなく一人前の人間として周囲が接しはじめた時に、彼女の本当の人生がスタートしたのではないだろうか。

 死を目前にしていようとも、ハンディキャップを抱えていようとも、生きている限り人はみな平等であり尊厳を持って生きるべきなのだ。

 もちろん、ひきこもりから脱して現状を変えたのはテッサ自身の意志によるところが大きい。人生はディテールの積み重ね。ToDoリストのひとつひとつをクリアすることで見えてくる大きな世界がきっとあるだろう。

 先がどのくらいかは分からないが、私も人生の折り返し地点にはきているはずだ。まずは、と思い、ToDoリストを作ってみた。くだらないことも、大きな目標も、いっぱい。これをどうやって実現してゆくか、考え行動し続けることが大切なのかもしれない。

 “これまでの人生”を記しておくのもいいけれど、“これからの人生”の目標をリストアップすることは改めて自分を知るきっかけとなり、限りある人生をより輝かせてくれるだろう。

 

NTM 

(文・河村由美)

監督・脚本:オル・パーカー

出演:ダコタ・ファニング ジェレミー・アーヴァイン パディ・コンシダイン 他

配給:キノフィルムズ

(2012年/イギリス/103分)

 

2013/05/03